台風7号潮岬付近に上陸 2023-8-15(火)雨

AI画像

近畿地方縦断日本海へ

夜中は幸い雨が降らなかった。弱い雨はあったかもしれないが。

しかし今日の3時ごろから雨が降り出した。

そして雨雲がどんどんやってくるようになった。

潮岬付近そして明石市付近に再上陸

台風7号今朝5時前に潮岬付近に上陸。

その後午後2時ごろには、明石付近に再上陸。

香川県も東讃地域は台風の影響大で大雨が降り続き、避難など警報が朝早くから出ていた。

雨は断続的に降ったが、降る時間が短い。しかしどんどんやってくる。

台風の外側の渦に沿った雨雲のようだ。どんどん移動していく。

午後からは風も強まった。風雨が激しくなった。

AI画像

しかし香川県でも西の方は、東の地区よりも影響が弱かったので、大雨や大風にならずに済んだ。

しかし天気アプリが、9時ごろから12時ごろまで1時間に何十ミリも降る予報が出た。

えーっと思ったが、もしものことを考えて、非難の準備だけはしていた。

しかし雨はそんなに激しく降らなkったので、よかった。

大阪など近畿地方は、台風の影響が大きかったようだ。

香川県も東讃地域が、台風の影響が大きく避難などもあったようだ。

台風の進路に近かったからな。

進路がもう少し東になっていれば、良かったと思うが仕方ない。

少し安心しかけた途端

午後になり明石付近に再上陸したそうだ。そのまままっすぐ日本海に向かうようだ。

ただ台風の速度が15キロぐらいと、とても遅い。

雨も風もなんとか激しくならずに良かったと思った。

なんとか良かったかなと思い、避難用の荷物を片付けた。

ところが午後2時半ごろから雨風が強まる。

雨雲レーダー見ると、再上陸した台風からの雨雲がどんどん流れ込んでるのだ。

風も強まり、雨も益々強く降り出した。

午前中とは違い、雨雲は同じところからどんどん流れ込んでくる。

まいったな。とりあえずまた避難用の荷物を揃える。

午前中は東讃で避難した人がいた。

台風のスピードがとても遅い。

そして台風が日本海に出てからのコースが、午前中の予想だと東に曲がる予想だったが、午後の予想では北にまっすぐ進む予想になっている。

なので台風が日本海に抜けても、同じところに雨雲がかかるのだ。

鳥取県には最大級の警報が出された。鳥取県が大変なのだ。

同じところにずーと大雨が降り続いているのだ。

そしてそこから伸びる雨雲が香川県の西にも流れ込んでいるのだ。

とりあえず、避難できる準備だけはしていた。

その後、なんとか雨雲の流れ込みも収まり、雨も弱くなって来た。

ただ風は強く吹いている。

その後夜の6時くらいには、なんとか風雨は収まった。

少し落ち着くことができたので、夕食食べて元気になった。

ただ台風7号衰えずに日本海を進んでいた。